フェアトレードチョコレート オーガニック ペルー75 (50g)

¥ 378(税込) 残り8点

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の送料は、配送方法によって異なります。
配送方法は、ご購入時に選択することができます。
  • ゆうパック

    日本郵便が提供する宅配サービスです。荷物追跡に対応しています。

    地域別設定
    • 北海道

      • 北海道 1,423円
    • 東北

      • 青森県 1,227円
      • 岩手県 1,227円
      • 宮城県 1,227円
      • 秋田県 1,227円
      • 山形県 1,227円
      • 福島県 1,227円
    • 関東

      • 茨城県 1,040円
      • 栃木県 1,040円
      • 群馬県 1,040円
      • 埼玉県 1,040円
      • 千葉県 1,040円
      • 東京都 1,040円
      • 神奈川県 1,040円
      • 山梨県 1,040円
    • 信越

      • 新潟県 1,040円
      • 長野県 1,040円
    • 北陸

      • 富山県 943円
      • 石川県 943円
      • 福井県 943円
    • 東海

      • 岐阜県 943円
      • 静岡県 943円
      • 愛知県 943円
      • 三重県 943円
    • 近畿

      • 滋賀県 853円
      • 京都府 853円
      • 大阪府 853円
      • 兵庫県 853円
      • 奈良県 853円
      • 和歌山県 853円
    • 中国

      • 鳥取県 853円
      • 島根県 853円
      • 岡山県 853円
      • 広島県 853円
      • 山口県 792円
    • 四国

      • 徳島県 853円
      • 香川県 853円
      • 愛媛県 853円
      • 高知県 853円
    • 九州

      • 福岡県 853円
      • 佐賀県 853円
      • 長崎県 853円
      • 熊本県 853円
      • 大分県 853円
      • 宮崎県 853円
      • 鹿児島県 853円
    • 沖縄

      • 沖縄県 1,210円
  • レターパック

    ポスト投函も可能。追跡サービスも利用できます。

    全国一律 510円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

フェアトレードチョコレート オーガニック ペルー75 (50g)の商品説明

ペールー北部、アマゾン川流域で有機農法で育ったカカオを使用した、
カカオ分75%のハイカカオチョコレート。
力強いカカオと、有機粗糖とマダガスカル産有機バニラだけを使い、
シンプルな素材のハーモニーは、この上ないまろやかさです。

● [ 原材料名] 有機カカオマス、有機粗糖、有機ココアバター、バニラ香料、(原材料の一部に乳成分を含む)/有機JAS 認証

※保存上の注意※
●開封後はお早めにお召し上がりください。
●温度変化により油脂分が白く固まることがあります。召し上がっても差しつかえありませんが、風味が損なわれることがあります。
※小麦、落花生、オレンジ、カシューナッツ、米を含む製品と共通の設備で製造しています。


以下、ピープルツリーさんのHPより・・・・
【カカオ分75%以上!ペルー産のハイカカオチョコ!】

ダークな背景にカラフルなカカオの実を付けたカカオツリーを描いたパッケージが特徴です。

その商品名のとおり、南米ペルーのカカオを使用しています。
カカオは、カカオベルトと呼ばれる赤道を挟み北緯&南緯20度の範囲の国々で栽培されている農産物ですが、南米が原産地です。
今年、ピープルツリーがフォーカスをあてるのは南米ペルー。
ペルー75ではペルーのカカオの風味を、ピープルツリーらしいチョコレートとして楽しんでほしいと思い、できあがったチョコレートです。

チョコレートの風味は、カカオマス(カカオ豆を細かく砕いてペーストにしたもの)が大きく影響します。
ペルー75のカカオマスは、南ペルーに位置するアプリマック川の近くに本部を構えるカクブラ、ペルー北西部に位置するピウラにあるノランディーノ、森の中にある都市ラマスのオロ・ヴェルデの3つの地域からなる生産者協同組合のものを使っています。
それぞれ1980年代の内紛や民主化運動、コーヒー・カカオの国際相場の下落など、様々な国際情勢不安を乗り越えて継続してきた団体と、その生産者たちです。
国際競争に負けない品質を探求し、カカオをつくり続けています。

ペルー産カカオならではの香り、味をみなさんに楽しんでいただきたい!
とこだわったのが甘みの出し方です。
ピープルツリーのチョコレートは、甘みは黒糖と粗糖でつけられるのが特徴です。
黒糖はコクがあっておいしいのですが、甘みに特徴があるので、カカオそのものを味わっていただきたいビター系のチョコには少し個性が強すぎる面があり、粗糖を使いました。
そして、ペルーのカカオは酸味がやや強いため、ほんの少しのバニラ香料で食べやすく仕上げました。
こうすることで、ハイカカオでありながらフルーティーでまろやかな風味が実現しました。
ビター好きの人にはもちろん、男性にもおすすめの1枚です。

通報する